有限会社 ウイスト
2017年8月20日(日)
「WIST九州支部」予選会 開催                     レポート:山口明利インストラクター

<結果>
1位 志比田 誠さん 23
2位 荒木 寿朗さん 16
3位 熊原 幸三さん 13
 チームウイスト九州支部マスターカップ予選会を西米良村一ツ瀬川上流部で行いました。台風や毎日の夕立の濁りなどで延期となりこの日の開催となりました。
当日は快晴で濁りなし、新垢の着き始めで条件的には申し分のない感じのなか730スタート1230までの5時間の総釣果で競技を行いました。
場所ムラはあるものの鮎のサイズも最大で25cmと全体的に型も良く皆さん楽しみながら大会参加となった様子でした。  
2017年7月30日(日)
「WIST 静岡支部」予選会 開催


7月30日(日)静岡県興津川でWIST静岡支部の予選会を行いました。
減水気味で青ドロが付き始めというコンディションで選手たちは苦戦を強いられました。
が、そんな状況下でもなかなかの釣果をあげ、成績は下記の通りとなりました。
1位 小林 洋二さん   16本
2位 青島 弘一さん   15本
3位 大川 善弘さん   14本
以上の3名が選抜選手として選出されました。
2017年7月30日(日)
「WIST 北関東」支部予選会 開催                

7月30日(日)ウイスト北関東支部予選会を行いました。
場所 那珂川黒磯地区

先週まで超渇水状態の那珂川でしたが、一昨日からの雨で
最上流で50cmの増水、濁りで悪条件の中での予選会になって
しまいましたが、3時間でトップ8尾とまずまずの予選会でした。

1位 小宅 照二  2位 小貫 栄一  3位 緑川 計

マスターカップ宜しくお願い致します。

 
2017年7月28日(金)
韓国釣行 

722,23日今年も韓国鮎釣行してきました。
今回は3年ぶりに山郷インストラクターが参加、木下インストラクターも同行して3人で訪韓しました。
22日は3年前に参加した鏡湖江(キョホンガン)が流れる慶尚南道・山淸郡(サンチョングン/ソウルより南東300km)で開催された「鮎とラフティングのイベント」に参加。我々は鮎の大会に参加し4ブロック*2412回戦が行われ各ブロック2名の合計8名が決勝戦に進出、今年の鏡湖江は渇水状況で厳しい状況でした。
木下、山郷インストラクターは惜しくも決勝戦には進めませんでしたがブロック4位タイ,6位タイでした。半藤は第4ブロックで囮込み4匹と撃沈。
午後、決勝戦進出以外の選手約70名が参加して1時間のミニ大会が行われ、我々3人も再度挑戦。
これがなんと!木下、山郷インストラクター、半藤が囮込み6匹同数で敗者の韓国選手を抑えて、123位の快挙、お立ち台で表彰を受けました。日本選手をちとアピールしてきました。
さてさて、この後時系列に添って「2017年 韓国釣行」の様子をお伝えします。


木下さん、はじめての韓国鮎

山郷さん、3年ぶりの韓国釣行

山淸郡の鮎・ラフティングイベント

鮎大会参加の3人

No.4 ブロック大会風景

No.4ブロック 半藤

No.1ブロック 木下インストラクター、山郷インストラクター

本戦優勝者

WISTコーナー

午後のミニ大会に向かう、左から半藤・金・木下・山郷INS

ミニ大会スタート!

ミニ大会での山郷INS

ミニ大会での木下INS

ミニ大会終了後の3人、この後サプライズが・・・

ミニ大会 3位 半藤

ミニ大会 2位山郷INS

ミニ大会 1位 木下INS

ミニ大会 1,2,3位 おお~!!


さて、翌
23日は我々3名と韓国WISTインストラクターの仲間13名と親睦WIST大会を行いました。場所は前日の大会場所の上流部です。
午前中2時間の大会なので釣果は芳しくなかったですが、終了後抽選でWISTグッズや木下,山郷インストラクターからの糸や針、小物のプレゼントがあり大いに盛り上がりました。
全員でキンパを食べながら、来年の再会を確認して親睦大会が終了しました。


今年はここでは終わらず、我々3人は韓国李インストラクターの案内で40分ほどソウル方向に移動した全羅北道・長水郡/加幕川(カマチョンガワ)に行き、2時間半ほど釣りをしました。
これがなんと爆釣、木下インストラクターは囮込み37匹、山郷インストラクターの27匹、半藤も22匹と6年目でやっと期待通りの釣りができました。
掛り鮎がほぼ天然もので18cm22cmで当たりは小さいもののとにかく曳く曳く曳く、引き抜いた鮎が玉網に入る時の音が「ドシャ!」チビ鮎10匹分の快感。
韓国鮎釣行初めての木下インストラクターは大満足でした。
4回目の山郷インストラクターからは思わず、「竿のテストはここでやつたらいいや」のひと言。
この後仁川に戻り参鶏湯を食べて体力補充(韓国では滋養供給のため7/22に参鶏湯を食べる習慣があるそうです。日本の土用のウナギと同じですね)

今回の韓国釣行は面白い釣りもできて、また韓国の鮎釣師たちと親睦が深められ楽しい時間となりました。来年の再会を約束して終了となりました。

 
「WIST韓国親睦鮎釣り大会」開催

スタート前の集合写真 ( エイエイ・オー!とは言わないか( ̄∇ ̄;))  

 親善大会 山郷INS

 加幕川 山郷INS

                ↑加幕川 半藤 


                               →加幕川 木下INS

親睦会 最後に全員で「ファイト!」

親睦会 木下INS

親睦会 半藤

親睦会終了挨拶

親睦会 優勝者 
2017年7月28日(金)
「WIST 東北支部」予選会 開催 

チームウイスト東北支部,、マスターカップ予選会は岩手県気仙川にて
7月16日(日)行われました。

心配された天候もうす日が指したり一時雨が振ったりしましたが
大会に支障なく終える事ができました。

ウイストマスターカップ全国大会出場権獲得者は次の通りです。

石井幸四郎さん、石川哲郎さん、山科広和さん





                  少数精鋭、本選でのベストチーム賞期待していますよ~。

2017年7月23日(日)
「WIST 中部支部]予選会 開催                        レポート:加藤俊貴インストラクター

7月23日(日)気温:32°水温:24°
集合時間:7時  開始時間:7時30分  
参加人数:13人
矢作川小渡にてウイスト中部支部予選会を開催しました。

支部長挨拶、本日の競技説明、小渡の河川状況を説明後入川順に出発。
今日は昨日の天気と違い、朝から小雨の降る状況でした。
開始からパラパラ掛かるが、後が続かない状況で、トロ場より瀬に入った
選手が、型・数とも良かった様でした。

12時終了、12時30分までに検量
トップ9匹の2名は検量順で1位 野々垣周助、2位 三浦 薫に、続く8匹が
3名。
3名中1名は辞退、佐々木 守と畑中 忠で30分の早掛、終了10分
前に畑中 忠が掛けて3位に。
以上、上位3名が中部支部の選抜選手に決定しました。

2017年7月16日(日)
「WIST中国支部」予選会開催                       レポート:藤本和之インストラクター

 9回『ウイスト中国支部懇親アユ釣り大会』!!  山口県の「佐波川」で開催!

爽やかな夏の山口県防府市の佐波川金波の朝…『第9ウイスト中国支部懇親アユ釣り大会』を開催した。今大会はウイスト中国会員のみの大会とし、岡山・広島・山口から全18名の参加となった。

6時金波地区右岸、抽選による入川順に各選手が2匹のオトリの配付を受け、思い思いのポイントへと散っていった。各メーカー大会全国決勝大会、全日本王座戦などアユ友釣界をリードしてきた大会出場経験を持つレジェンド選手なども…。本部中央から観戦すると、下流方面への選手移動が多く、通称『たけやぶ前』にずらりと6人が陣取る。そしてさらに下流の『階段下』~『三つ岩』へと。佐波川は毎年、さらなる良河川にと河川整備を進めている。釣り人として頭の下がる思いである。しかし今年は空梅雨の時期が長く、種苗成育に悪影響をきたし、ここ最近の釣況も悪いとの戦前評もある。

11時、いよいよストップフィッシング。4時間半のアユとの闘いを終えて本部の検量へと選手が帰ってくる。釣れた選手はいささか胸を張り、ダメだった選手はやや伏し目がち。戦前は厳しい釣況が口にされる中、そして大会本部近くは誰もが入れる釣り荒れ。非常に厳しい河川条件の中の検量、好釣果にドドッと歓声が上がる。「20匹!」いや「25匹!」…やはり当大会選手はハイレベルな猛者ばかり…。顔ではなく腕前である。大会で釣果を出すのは『男前』だ。

そしていよいよ腹ごなしをしながらの表彰式。第3位は『たけやぶ前』のトロ瀬を丹念に泳がせた岡村宏選手22匹、準優勝は平田静男選手25匹、そして栄えある本日の栄冠には、『階段下』~『三つ岩』間のクランクとなる『一本瀬』から26匹のアユを引き抜いていた原卓二選手(ご入会3年目)が輝いた。いずれの3選手も山口県在住の独占となった。地元関係なく、そこに居るアユを釣りきり、結果を出すのは素晴らしい腕前である。そして『男前』!!お世話をさせてもらう当大会選手のハイレベルさに、役員冥利に尽きるこの好釣果の嬉しさを頂いたことに大感謝したい。そして今年の本大会参加可能選手上位3名は成績次点の『児玉達哉選手』『品川智宏選手』『丸山 利選手』である。日本の友釣り道場の静岡県狩野川での全国大会優勝を期待し、また他県の選手との友好も大いに図っていただきたい。

平成29716 () 水温2123℃ / 晴れ やや渇水

 スタートロード  良いオトリを!   
                     復調の平田会員
 好釣果優勝の原会員  全国大会参戦者、(左から)「品川智宏、児玉達哉、丸山 利」各氏   
                  小料理屋「吉正」での前夜祭
2017年7月15日(土)
「WIST信越支部予選会」開催                         レポート:新海インストラクター

715日、信越支部予選会を千曲川支流依田川で行ないました。
新潟県から佐藤インストラクターもかけつけていただき遠い所ご苦労様でした。
トップ釣果の北澤さんは早瀬に入りペースよく釣り上げていましたが、たまに小さなアユが釣れ苦戦されていました。
信越支部からは北澤さん、瀧澤さん、落合さんが選抜されました。

 
     
2017年7月9日(日)
東日本大震災復興支援チャリティー大会 開催

 熊谷B-1クラブ会長

79() 熊谷会長率いるB-1クラブ主催の「東日本大震災復興支援チャリティ大会」が神奈川県の中津川/八菅橋下で行われました。
大会には70名ほどが集まり、朝から晴天に恵まれ、梅雨明けを思わせるような暑さの中、熱戦が繰り広げられました。
川の状況は今一つで、各選手苦戦を強いられていましたが、優勝は堂々の21匹で花田文雄さん、準優勝は上野山勤さん、3位は金沢重臣さんでした。女子の部では優勝は堀由里子さん、準優勝は伊藤里美さんでした。各入賞者にはカップと江副行昭さんの陶芸作品が贈呈されました。
今回集められた義援金は熊谷会長より8月に行われるトヨタカップのパーティーに於いて釣り人社の鈴木康友会長に手渡され日本赤十字に寄付されることになっています。
少しでも早く復興が進みますように願っています。


(有)ウイスト 半藤輝夫社長


ガラス陶芸家 江副行昭先生

八菅橋下流風景

八菅橋下風景

釣り人社会長 鈴木康友さん
  
(写真左から) 上野山さん、花田さん、金沢さん

伊藤さん(左)、堀さん(右) 

平井さんより総評
 
2017年7月2日(日)
「WIST近畿支部予選会」開催

72() WIST近畿支部(西森支部長)の予選会が滋賀県の安曇川/広瀬地区で行われました。安曇川は琵琶湖に注ぐ川で琵琶湖産の鮎が遡る関西有数の河川です。

今回は近畿支部の予選会と一緒に山本インストラクターの所属する京都「好友会」の大会も合同で行われました。

今年の安曇川は解禁当初より好調が続いていましたが、予選会の数日前に降った雨の影響で30cmぐらい増水していました。このような中でも近くの河川の状況がよくないので連日釣り人が数多く入っているとの事でした。

安曇川は8時過ぎから鮎の活性が上がってくるということですが、その通りで8時過ぎに水温があがるにつれて釣果が上がってきました。

結果は柴原さん、松井さん、平野さんの3名が予選を突破して選出され9月の狩野川の全国大会に参加されます。

予選会終了後はバーベキューで盛り上がりました。


囮配布、いざ出陣!

広瀬川、上流風景

                   広瀬川、下流風景 

柴原さん

西森インストラクター 

                  山本インストラクター  

みんなでBBQ、いいですね~ 

近畿支部選抜者(左から)
  松井正俊選手、藤本和彦選手、柴原 洋選手

                                               



         安曇川 広瀬漁協(写真上)  広瀬橋(写真下)
2017年6月26日(月)・27日(火))
第29回 全日本アユトーナメント開催  

<速報>
626()27() JFT主催「第29回全日本アユトーナメント」が長良川郡上地域で
行われました。

このトーナメントは64名で争われます。
予選は1ブロック4名のブロックが16ブロックあり、各ブロック総当たり3試合が行われ、
上位
1名が次のステージに進み、そこでは16名でトーナメントを行います。
ウイストのインストラクターが5名参加し、ベスト16に長谷川健一INS・遠藤秀明INS
児玉達哉
INSが残りました。
その中で長谷川健一INSは見事4位入賞を果たしました。
長谷川健一インストラクター御苦労さまでした

2017年6月26日(月)
「WIST 3支部合同予選会」開催

                                        3支部合同予選会集合写真

625() 2017 WIST支部予選会のスタートです。恒例の埼玉、東京、神奈川の3支部合同予選会が神奈川県・中津川で行われました。合同の予選会ですが、成績は支部毎に集計され、9月に狩野川で行われる全国大会に出場します。
今日の中津川は状態が厳しく、前日の釣果も今一つの状況でした。水量や水の色もまずまずですが、肝心の鮎が見えません。
スタートの730分ごろは雨が降っており釣果が心配されましたが、9時過ぎには雨も上がり気温も上がってきて少しは期待のできる状況となりました。12時の検量ではみなさんそれなりに鮎を獲ってきました。

埼玉は武島大典さん、木暮隆良さん、土屋崇さん(土屋さんは2年連続です)
東京は内藤茂幸さん、矢口五郎さん、森澤正幸さん(森澤さんは2年ぶり6回目)
神奈川は佐藤和夫さん、安木昌代さん、村田雅文さん(安木さんは御主人より上手い?)
以上の各支部3人は9月の本戦でその他8支部からの選抜者とWISTインストラクターによる「2017WIST MASTERCUP in 狩野川」で対戦します。
お楽しみに~


               雨の中、囮配布の様子 

                中津川・八菅橋上流風景

                  中津川・八菅橋下流風景

                  木暮選手(埼玉支部)

                       森澤選手(東京支部)

                村田選手(神奈川支部)

               内藤選手(東京支部)

                     検量風景

                       成績発表

                埼玉支部選抜選手 

                     東京支部選抜選手

                 神奈川支部選抜選手
2017年6月11日(日)
桂川釣行                                    レポート:新海インストラクター

山梨県大月市を流れる桂川へWIST社長、インストラクター、会員の方々10名で行ってきました。
川の状況は渇水、アカ腐れとあまり良くありません。それでも藤家インストラクターは、好ポイントを見つけ朝からいいペースでアユを釣り上げていました。型は1419cmくらいと解禁当初に比べ型は落ちてきましたがアユはたくさんいます。
これからの桂川に期待しましょう。




写真上左から: イキイキとした満面の笑顔、まるで水を得た・・・
           好釣果にニッコリ、藤家I
写真下左から: 金子Iと長谷川I
           ピースサインは木下さん
           さすがの釣果、長谷川I

2017年6月6日(火)
夏酔会(かようかい) 「第50回大会」開催 in 桂川

66() 今日は金子インストラクター所属の夏酔会の第50回大会が山梨県桂川、塩瀬橋で行われました。毎年2回行われる大会は今回50回を迎えました。
関係者の皆様長年御苦労さまでした。
今日の桂川の状況は川の両側は垢ぐされ状態で、流れの芯がポイントでした。スタート時点は渋い感じでしたが9時以降晴れてきて釣果も伸びてきました。
大会終了後表彰式が行われ、森澤事務局より大会成績発表のあと岸野会長より賞品が贈呈されました。
優勝は長谷川インストラクター、2位は山口さん、3位は高橋インストラクターでした。全員で集合写真あり、楽しい1日でした。


全員で集合写真

大会説明風景1 

大会説明風景2 
 検量風景  入賞者 オメデトウ(^▽^)ゴザイマース  
加藤さんから蕎麦・うどんの差し入れに(*´∨`*)
2017年6月4日(日)
B-1クラブ 中津川で初顔合わせ

64() 神奈川県の中津川、八菅橋エリアで 熊谷インストラクター率いるB-1関東の初顔合わせ兼、ミニ大会がありました。
天候は良く晴れ上がり、好釣果が期待されるところでしたが、釣果の方は今一つの感がありました。まだまだこれからの川です、天然遡上もまだ小さく今後が楽しみです。
終了後は熊谷会長より優勝~6位まで入賞者の表彰がありました。
今回若いぴちぴちの鮎姫が初釣行、なんと山口鮎姫は釣果5匹の堂々第5位入賞。こちらもこれから楽しみです。
さっそく今夜は鮎の塩焼きだそうです。.鮎師の皆さん、やはり釣った鮎は食べましょう(´▽`)/


中津川風景

黒田インストラクター

森澤さん

 長谷川インストラクター

 優勝! 黒田インストラクター 絶好調のスタート(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 2位 宇野さん(´∪`*)

3位 村田さん(*´∨`*)

4位 鈴木インストラクター(*/▽\*)

 5位 山口さんヾ(⌒▽⌒)ゞ

6位 藤家インストラクターヽ(*´∇`)ノ

 B-1クラブ会長 熊谷インストラクター

 集合写真
2017年6月2日(金)
桂川インフォメーション
2017年6月2日(金)
6月1日(木) 2017鮎解禁 桂川釣行

桂川から笹子川合流点風景(夕方なので釣り人もバラバラ状態でした)

61() 関東の主な河川の解禁です。今年も山梨県を流れる清流、桂川の解禁に行ってきました。
我々が入った場所は桂川の大月支部になる桂川と笹子川の合流点付近の桂川上流部でした。
前日の夕方入漁券とオトリを買って釣り場に行くとすでに
20台ほどの車が止まっており解禁への準備万端でした。

まだ薄暗い中、両手に囮の入った引舟と竿と玉網、いざ出陣。朝方はパラパラと小雨状態、明るくなるに従い雨は上がるも、肌寒く水温も低いまま。スタート直後は何のアタリもなく、我慢の状態でした。そんな中オトリ鮎に野鮎がヒット、明るくなるにつれて気温も上がり午前中15,6匹の釣果、午後2時くらいには天気も晴れてポツポツ掛りだしました。
今年の桂川本流はとにかく型がいい、今回は13cm19cm位までいましたが、ほとんどが1618cm川の状態は川岸が”ぐされ”状態でまとまった雨が欲しい状況でした。

桂川本流支流合わせて10トンの稚魚放流、追加の成魚放流は1トンの予定です。今年も桂川は楽しめそうです。
情報では笹子川に入った釣人はだいぶ釣果がよかったようです。

 
長谷川インストラクターと佐藤インストラクター
そして・・・
             両者の釣果自慢???
 →→ 



今年も新潟支部の佐藤敏夫インストラクターと平沢さんが
釣専バスで駆けつけてくれました。
  
2017年5月15日(月)
5月11日 愛知県矢作川解禁

鮎解禁日の矢作川

511() 中部河川の鮎シーズン開幕です。

昨年WISTの大会を行った、矢作川上流部、小渡地区の鈴木オトリさんに行ってきました
小渡ヤナは満員御礼状態なので、日の出橋上流で今年の鮎釣をスタート。

早朝はやや濁りが入っていましたが、9時頃になると濁りも取れてきて、天気も夏日状態になり鮎も動き始めるのが見えて
来ました。
日の出橋上で金田さんが昼まで28匹とまずまずの釣果、上流部ではチーム山郷のメンバーが次々と野鮎をゲット!!
山郷インストラクター、今年も絶好調スタート。
埼玉からの遠藤インストラクターは40匹以上の釣果を上げて夕方早々に引き上げ。日の出橋上流は平均20匹前後かな?
下流の小渡ヤナの前では両岸に70名あまり入り、釣果は平均30~40匹との事でした。(監視員さんの情報/監視員さんも
「よかったよかった」とホット胸をなでおろした様子でした
)

魚はまだ小さく10cm~15、16cm程度。512()には小渡ヤナの上流部のトロ場で70匹の釣果有との情報もありました。

今年の矢作川上流部は好スタートをきりました。


今年も絶好調スタートの山郷インストラクター

山郷インストラクター(左)と木下インストラクターのツーショット

チーム山郷のまとめ役、木下インストラクター

今年はやります!遠藤インストラクター

やる時はやります!熊谷インストラクター

「鮎釣りは面白い!」近藤さん

静岡から青島さん参戦!

金田さん、お昼までに28匹ヽ(*´∇`)ノ

「今年もお世話になります」鈴木オトリ店
2017年5月9日(火)
4月23日(日) 第8回「ウイスト中国支部 渓流大会」開催          藤本和之中国支部長
4月23日(日)島根県匹見峡谷の中枢域で、第8回「ウイスト中国支部渓流大会」が開催されました。朝7時、気温2℃、水温12℃というかなり厳しい寒さの中でのスタート。
結果は、優勝 岡村宏さん(山口県防府市) 24匹、第2位は児玉陽生(はるき)君 小5(岡山県新見市) 14匹、第3位は丸山利(さとし)さん(広島県福山市) 12匹。
大物賞は24.5cmの山女魚を引抜いた岡村宏さんでした。
大会後は皆さんの元気な再会を祈念し、解散となりました。ご参加ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

藤本支部長の読んで楽しい、為になる(?)今大会のレポートは
こちらからご覧いただけます。是非ご一読ください。

集合写真

優勝 岡本 宏さん

第2位 児玉陽生(はるき)君

第3位 丸山 利(さとし)さん

匹見川の「背緑ヤマメ」だち

 藤本シェフによる「天然ヤマメ」を使った一品
2017年4月29日(土)
第5回「WIST 渓流大会」

旅館「鳥屋沢」前にて

「第5 回ウイスト渓流カップ」を429(土・祝日)長野県松本市奈川で行いました。

例年であれば桜の花びらが舞い散る時期ですが、今年はまだ蕾が膨らみ始めたばかり。
花が咲くにはもう少し時間がかかりそうです。当日の朝も気温が低く渓流釣りには厳しい条件でした。
そんな中、今年は26名の参加者があり、開会式終了後競技が開始され午後3時まで熱戦が繰り広げられました。
早朝の挨拶で長谷川健一インストラクターから優勝ラインは20匹以上という予想がありましたが、結果はそれ以上の好成績でした。
優勝は、岩魚・山女魚・アマゴを28匹釣り上げた平野和之選手、2位は21匹の金子由文選手、3位は惜しくも20匹の小林正美選手でした。大物賞は嶋崎さんの岩魚33.5cmとこれも見事な釣果でした。

大会終了後は旅館「鳥屋沢」で大会成績の発表と表彰式を行いました。その後の親睦会では大会の釣談義で大いに盛り上がりました。今年も無事大会が行われ、来年の再会を確認しながら締めとなりました。

大会関係者・鳥屋沢さんには本当に御苦労さまでした。来年もよろしくお願い致します。


開会式前の集合写真

21匹と健闘及ばず2位の金子由文選手

藤家克之選手

20匹で惜しくも3位、小林正美選手

森田徳光選手

大物賞をゲット!嶋崎洋行選手

左から、2位:金子選手,優勝:平野和之選手,3位:小林選手 
 
大会後の親睦会風景

 大会翌日、どじょう池から乗鞍岳をバックに
No Fishing No Life!
2017 釣り日記 

2017年の鮎シーズン、いよいよはじまりましたね~みなさんはどこでどんな釣りを楽しんでいますか?写真を撮るのは大変ですね。
様子だけでもOKです。投稿お待ちしております。