有限会社 ウイスト
No Fishing No Life!
2017 釣り日記 
2017年5月15日(月)
5月11日 愛知県矢作川解禁

鮎解禁日の矢作川

511() 中部河川の鮎シーズン開幕です。

昨年WISTの大会を行った、矢作川上流部、小渡地区の鈴木オトリさんに行ってきました
小渡ヤナは満員御礼状態なので、日の出橋上流で今年の鮎釣をスタート。

早朝はやや濁りが入っていましたが、9時頃になると濁りも取れてきて、天気も夏日状態になり鮎も動き始めるのが見えて
来ました。
日の出橋上で金田さんが昼まで28匹とまずまずの釣果、上流部ではチーム山郷のメンバーが次々と野鮎をゲット!!
山郷インストラクター、今年も絶好調スタート。
埼玉からの遠藤インストラクターは40匹以上の釣果を上げて夕方早々に引き上げ。日の出橋上流は平均20匹前後かな?
下流の小渡ヤナの前では両岸に70名あまり入り、釣果は平均30〜40匹との事でした。(監視員さんの情報/監視員さんも
「よかったよかった」とホット胸をなでおろした様子でした
)

魚はまだ小さく10cm〜15、16cm程度。512()には小渡ヤナの上流部のトロ場で70匹の釣果有との情報もありました。

今年の矢作川上流部は好スタートをきりました。


今年も絶好調スタートの山郷インストラクター

山郷インストラクター(左)と木下インストラクターのツーショット

チーム山郷のまとめ役、木下インストラクター

今年はやります!遠藤インストラクター

やる時はやります!熊谷インストラクター

「鮎釣りは面白い!」近藤さん

静岡から青島さん参戦!

金田さん、お昼までに28匹ヽ(*´∇`)ノ

「今年もお世話になります」鈴木オトリ店
2017年5月9日(火)
4月23日(日) 第8回「ウイスト中国支部 渓流大会」開催          藤本和之中国支部長
4月23日(日)島根県匹見峡谷の中枢域で、第8回「ウイスト中国支部渓流大会」が開催されました。朝7時、気温2℃、水温12℃というかなり厳しい寒さの中でのスタート。
結果は、優勝 岡村宏さん(山口県防府市) 24匹、第2位は児玉陽生(はるき)君 小5(岡山県新見市) 14匹、第3位は丸山利(さとし)さん(広島県福山市) 12匹。
大物賞は24.5cmの山女魚を引抜いた岡村宏さんでした。
大会後は皆さんの元気な再会を祈念し、解散となりました。ご参加ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

藤本支部長の読んで楽しい、為になる(?)今大会のレポートは
こちらからご覧いただけます。是非ご一読ください。

集合写真

優勝 岡本 宏さん

第2位 児玉陽生(はるき)君

第3位 丸山 利(さとし)さん

匹見川の「背緑ヤマメ」だち

 藤本シェフによる「天然ヤマメ」を使った一品
2017年4月29日(土)
第5回「WIST 渓流大会」

旅館「鳥屋沢」前にて

「第5 回ウイスト渓流カップ」を429(土・祝日)長野県松本市奈川で行いました。

例年であれば桜の花びらが舞い散る時期ですが、今年はまだ蕾が膨らみ始めたばかり。
花が咲くにはもう少し時間がかかりそうです。当日の朝も気温が低く渓流釣りには厳しい条件でした。
そんな中、今年は26名の参加者があり、開会式終了後競技が開始され午後3時まで熱戦が繰り広げられました。
早朝の挨拶で長谷川健一インストラクターから優勝ラインは20匹以上という予想がありましたが、結果はそれ以上の好成績でした。
優勝は、岩魚・山女魚・アマゴを28匹釣り上げた平野和之選手、2位は21匹の金子由文選手、3位は惜しくも20匹の小林正美選手でした。大物賞は嶋崎さんの岩魚33.5cmとこれも見事な釣果でした。

大会終了後は旅館「鳥屋沢」で大会成績の発表と表彰式を行いました。その後の親睦会では大会の釣談義で大いに盛り上がりました。今年も無事大会が行われ、来年の再会を確認しながら締めとなりました。

大会関係者・鳥屋沢さんには本当に御苦労さまでした。来年もよろしくお願い致します。


開会式前の集合写真

21匹と健闘及ばず2位の金子由文選手

藤家克之選手

20匹で惜しくも3位、小林正美選手

森田徳光選手

大物賞をゲット!嶋崎洋行選手

左から、2位:金子選手,優勝:平野和之選手,3位:小林選手 
 大会後の親睦会風景
 大会翌日、どじょう池から乗鞍岳をバックに