モデルNO 標準小売価格(円) 全長(m) 重量(g) 仕舞寸法(cm) 継数(本) 先径(mm) 元径(mm) 適合水中糸(号) カーボン(%)
AW022 154,000 9.0 238 138.5 8 1.6/1.7/0.7 25.6 0.125~0.5 99.8
フィールドパフォーマンス
◆付属パーツ/#1・#2WAP(ダブルアクションパワー)  ◆高弾性&低レジンカーボンシート
◆付属パーツ/#1STP(ソリッドジョイントトップ) ◆装備:固着防止機構・直感回転トップ・口元リング
ページトップへ
 
  

Yoshifumi Kaneko 金子 由文

 有限会社 ウイスト
ROD TECHNOLOGY

ロッドテクノロジー

ボトムウェイトバランス 
バットセクション(#7Butt)の中央部分から急激なテーパーを設けて
グリップ部分に太さを持たせることにより、竿全体の重心を下げて
持ち重り感を軽減。
  ハイモジュラスマテリアル     PP-TECH成型 
高弾性カーボン材料(PAN)系とピッチ系80ton材料で仕上げた
ハイモジュラス構造。適材適所に材料構成させたハイモジュラスマテリアルロッドを完成
カーボン材料焼成時に表面にカラー付テープでラッピングさせ一体焼成。
ラッピングテープをはがしたままの状態でカラー付素管を完成。
  高圧緊密ラッピング加工   ダブルパワーリング 
高圧高密度ラッピング工法による硬化成型されたハイクオリティブランクス。 ベーシックなシートワインディング構造である内層&外層の周方向を強度アップ
させ竿のたわみを抑え、本来のカーボンロッドの反発力を最大限に引き上げる。
  カーボンシェイプアップ    カーボンスリットテープ構造 
カーボン繊維のポテンシャルを最大限に生かすため、マトリックス樹脂を最適量に抑えカーボン繊維のパワーポテンシャルを極限まで引き上げた、最適構造システム  極薄のカーボンスリットテープを平行均一に外層に巻く切れ目の無いテープ
ワインディング構造により理想的な円筒管を実現(#2~#7)。
硬 中 硬 プロトアクション

エイペックス903

鮎竿に要求される性能は硬さ・感度・強度・外観・付属パーツetc。更にそれらはフィールドによっても求められる物が違う。カーボン材料の選択・構造等、理想の竿を作るための最適を模索する。
APEX 903はカーボン材料の特性を100%引き出すため材料の厳選とさらに外観コーティングに注目。#2~#7の表面仕上げにカーボン素材を焼成させると同時に表面に模様を塗着させる技術を採用。「PP-TECH」一体成型であれば表面を削ることもなく外観仕上げができ、従来の塗装の20%で仕上げることが可能。軽量かつ強靭なこだわりの鮎師も満足の一竿が完成。材料特性とコーティングをベストに融合させた製品が完成。

903の硬さランクで実証済の高感度、高操作性を継承し、囮の動きを敏感にキャッチする。
囮を操作させ野鮎と対峙させる。次に起こる衝撃を考えるとテンションが最高潮に達する。
初期・中期の15cm~20cmの野鮎には絶対的な威力を発揮する。



ロッドパフォーマンス(6WAYセレクト)

#1WAP(ダブルアクションパワー)#2WAPは各セクションの中央部から元部にかけて
急激に硬さをアップさせ#1から#2に・#2から#3に移動するパワー(曲がり)を抑え、
先端操作性を保持したままパワーアップ。
#1STP(ソリッドジョイントトップ)は先端0.7mmのカーボンソリッドを採用。
オールラウンドロッドがさらに進化し完  成度をアップ。

付属パーツのチョイスによる6通りのアクションでフィールドをサポート

◀「PP-TECH」成型により軽量性能を維持しつつ
 平滑で斬新な表面仕上げを実現。